mamiの韓ドラまみれ!

-観賞した韓国ドラマの感想と5つ★満点での採点-

韓国ドラマ「ミスター・サンシャイン」感想 / イ・ビョンホン主演 朝鮮独立を目指した人々の儚い愛と闘いの物語

アンニョン♪ 韓ドラまみれのmamiです。

Netflixで配信中の「ミスター・サンシャイン」全24話、見終わりました。

毎話毎話が濃厚すぎて完走するのに少々時間がかかってしまいましたが、壮大なスケール、美しい映像美、豪華キャスティングととっても見応えのある作品でした。

作品情報

f:id:mami-re:20200615120946j:image

放送

2018年 / tvN・週末 / 全24話

演出 :  イ・ウンボク

ドリームハイ

ドリームハイ2

名家<ミョンガ>

秘密

恋愛の発見

太陽の末裔

トッケビ

ミスター・サンシャイン

脚本 :  キム・ウンスク

パリの恋人

プラハの恋人

恋人

シティーホール

シークレットガーデン

オンエア

紳士の品格

相続者たち

太陽の末裔

トッケビ 

ミスター・サンシャイン

ザ・キング: 永遠の君主

キャスト

イ・ビョンホン : ユジン・チョイ役

キム・テリ : コ・エシン役

ユ・ヨンソク : ク・ドンメ役

ピョン・ヨハン : キム・ヒソン役

キム・ミンジョン : 工藤 陽花役

冒頭あらすじ

朝鮮王朝末期。激動の近代を生きた名もなき人々の愛と闘いを描いた壮大なラブストーリー

朝鮮の貴族の下で働く奴婢の両親のもとに生まれたチェ・ユジン(キム・ガンフン)は、1871年に勃発した辛未洋擾の混乱の中で軍艦に一人乗船し、アメリカに辿り着く。その後、米軍海兵隊の大佐となったユジン(イ・ビョンホン)は、アメリカ大統領の命により自身を捨てた祖国の朝鮮に帰還する。

朝鮮に駐在することとなったユジンは、ある夜、朝鮮最高名門家の最後の血族である令嬢コ・エシン(キム・テリ)と出会う。祖国を守るため密かに戦う高い志を持ったエシンとの出会いによって、ユジンの運命は大きく変わっていく。

ミスター・サンシャイン - Wikipedia

予告編動画


Mr. Sunshine | Official Trailer [HD] | Netflix

ハマり度・感想

★★★★☆+

前半は少しまったりとしていて視聴がなかなか進まなかったのですが、中盤から後半にかけては怒涛のように面白くなっていき、集中して一気見したせいか少々疲れ気味ですが、これは秀逸。すごく良かったです。

 

このドラマは、激動期の朝鮮半島を舞台にアメリカ、ロシア、日本に翻弄された李氏朝鮮末期を背景に、ひとりの女性をめぐる男3人の愛と友情物語と、朝鮮独立を目指した義兵たちの物語。

 

簡単に書けばそうなんですが、このドラマの凄いところは、これらの要素をうまく絡ませながら壮大で劇的な展開を繰り返していくところ。まぁ、とにかくお金がかかっていてスケールが大きく韓国ドラマのレベルの高さを目の当たりにしました。映画を見ているようなドラマです。

 

史実に沿ったフィクションではありますが、当時の日本がかなり悪者に描かれていますので、日本人の私たちが見ると胸が痛んだり複雑な心境になるかもしれません。日本軍や日本人の権力者による目を覆いたくなるような残忍な暴力や攻撃、暴言を吐くシーンがたくさん出てきますし、そういう点では気軽に見れるドラマではないのですが、善と悪がハッキリしていたからこそドラマが盛り上がったのではないかと私は感じました。

 

そして、主人公ユジンを演じるイ・ビョンホンの圧倒的な存在感。実は私、昔からイ・ビョンホンのビジュアルが苦手で、彼が出ている作品は映画もドラマも1本も見たことがなかったのです。この作品に関しては物語に興味があったので視聴したのですが、昔の韓流四天王時代と変わらない風貌で未だに衰え知らずのイ・ビョンホンに衝撃を受け、かなり好印象に変わりました。笑

 

大御所イ・ビョンホンと対等に演技していたヒロイン・エシン役のキム・テリの演技力にも驚きで、物語が進むにつれすっかり彼女に魅了されていた自分がいます。両班のお嬢様でプライドはすごく高いのだけど傲慢ではなく、高い志しと強い意志を持ち続けるエシン。ユジンとエシンの恋模様は、キスシーンもないプラトニックラブなのだけど、お互いを慕い合う気持ちは2人の熱い視線だけで十分に感じることができました。

 

私は彼女とはこのドラマが初めましてだったのですが、イ・ビョンホンとは実年齢20歳差とか。恋人同士として見るには無理があるなと思っていたけど、後半になるにつれそんなことも気にならなくなるくらいです。

 

このドラマは、主役の2人以外の主要キャラクターも誰1人ぼやけずに魅力的に描かれています。ピョン・ヨハン演じるエシンの婚約者ヒソン。ヒソンは朝鮮一のお金持ちの息子ですが、ある事情を知ってからはエシンへの思いを胸にしまい、ヘラヘラ笑いながらエシンやユジン、ドンメを助けます。お調子者だけど心の中はいつも寂しさでいっぱいの優しい男。そんな切ない男の役がピョン・ヨハンにピッタリでした。

 

そして、ユ・ヨンソク演じるヤクザのク・ドンメ。私がこのドラマで一番惹かれたのが彼でした。幼い頃にエシンに出会い、そこからエシンだけを愛し続け生きてきた不器用な男。決して報われることのない愛を最期まで貫き通す姿が、もうなんとも言えない。着崩した着物姿と刀の扱い、日本語のセリフがとっても良かったです。今までユ・ヨンソクの悪ぶった役を見たことがなかったので彼の演技力の振り幅の大きさを感じました。

 

同じ女性を愛してしまったユジン、ヒソン、ドンメの男3人の友情が育まれる過程も見どころです。

 

主要登場人物以外のキャラも一人一人、魅力的なキャラはより魅力的に、悪役はとことん悪く、丁寧に描いているところは、さすがキム・ウンスク脚本家だなあと。やっぱり私はこの脚本家の作品が好みです。

 

終盤になるにつれ、怒りと悲しみが込み上げてくる切ない物語ですが、当時の朝鮮人の大切なモノを命がけで守る犠牲の心、互いを思いやる美しい心が伝わってくる素晴らしいドラマでした。

 

*2020年3月視聴完了*

mamiオススメOST

The Day (From

The Day (From "Mr. Sunshine [Original Television Soundtrack], Pt. 1")

  • パク・ヒョシン
  • TV サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

And I (From

And I (From "Mr. Sunshine [Original Television Soundtrack], Pt. 10")

  • NU’EST W
  • TV サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

商品情報